就活体験談/体育会学生

自己PRの作り方【例:マネージャー・主務】

就職・転職活動準備

こんにちは。
キャリアアドバイザーのヒロエです。

自己PRでは、自分の今までの経験や学んできたこと、今後活かせるスキルなどをアピールします。

企業側は自己PRを見ることで、応募者がどういう人なのかを知り、会社でどう活躍してくれるのかをイメージします。そのため自己PRは選考において重要な項目で、企業側は必ずチェックします。
 
ありきたりな内容にならないよう、競技を通じて「経験したこと・学んだこと・今後活かせること」を取り入れ、自分らしい自己PRを作成しアピールしていきましょう!

作成ポイント

企業が魅力的に感じる自己PRには共通して、以下の3つのポイントが含まれています。

【1】具体的な目標
【2】目標に対しての課題と解決に向けての行動
【3】経験から学んだ力とその力を企業でどう活かすか


Sさんの自己PR文

今回は野球部でマネージャーをしているSさんの自己PR文見ていきましょう。
3つのポイントが押さえられていないため、魅力を充分に伝えることができていません。

私は大学4年間、野球部のマネージャーとして選手が怪我をしないようにサポートしてきました。
この経験を活かし、貴社でも活躍をしていきたいと考えています。

この自己PR文を、上記の【1】【2】【3】のポイントを踏まえて改善してみましょう。

【1】具体的な目標

皆さんの経験をアピールするためには、どれだけ困難な目標に取り組んだのか、企業に伝えることが必要です。
目標は漠然としたものではなく、具体的な目標を記載する必要があります。
また、目標の難易度についても、野球部やマネージャーの「素人」である企業の採用担当の方にも伝わるように表現しなければいけません。


× 取り組んだことだけが記載されていて目標が書いていない
私は大学4年間、野球部のマネージャーとして選手が怪我をしないようにサポートしてきました。

〇 具体的な目標の記載がある
私は大学4年間、野球部のマネージャーとして故障者を1人も出すことなく、大会に出場する事も目標にマネージャー業に取り組みました。

◎ 目標の難易度が読み手にわかりやすいよう表現されている
私は大学4年間〇〇部のマネージャーとして選手の故障改善に取り組みました。
先輩方の代はまでは地方大会や全国大会に出場するなど優秀な成績を収めていましたが、私たちの代は新人戦から結果を残すことができませんでした
指導者が練習に参加できない日々も増え選手たりは焦りを感じ、オーバーワーク気味に練習を行い怪我人も増え、大会出場も厳しい状況に陥りました

【2】目標に対しての課題と解決に向けての行動

皆さんが目標の達成を目指した時、そこには必ずクリアしなければいけない課題があったはずです。その課題は何だったのかをなるべく具体的に記載しましょう。
よくみられる自己PRの失敗例としては、目標とその結果だけが記載されている自己PR文です。
どれだけ結果が素晴らしいものでも自己PR文としては失敗作です。企業の採用担当は皆さんが「どんな課題に対してどのような行動をしたか」その中身を見ています。


× 課題が述べられていない、行動も漠然としている
故障しない体を作る為に色々な方に相談し選手に練習方法を伝えました。

〇 課題と解決に向けての行動が書かれている
故障者を出さない為に専門の先生に相談をしたり、自分自身で本や動画などで情報収集を行いトレーニングとケアのマニュアルの作成を行いました。

◎ より具体的に課題と解決に向けての行動が書かれている
故障者を出さない為に専門の先生に相談をしたり、自分自身で本や動画などで情報収集を行いトレーニングとケアのマニュアルの作成を行いました。
初めは半信半疑の選手も多く理解されない事もありましたが、ただ一方的に伝えるだけではなく根拠をしっかりと伝えることを意識すると選手の多くが練習に取り入れるようになりました

【3】経験から学んだ強みと、その強みを社会でどう活かすか

マネージャー業務の経験やその経験から得た強みを、企業でどう活かすか。自己PRに必要な最後のピースです。
マネージャー業務で培った強みを企業で活かせる強みに「変換する」作業は非常に難易度が高いものですが、大学卒業後、企業で活躍するには避けては通れないステップです。
気合を入れてチャレンジしてみてください!


× 経験から得た強みが言語化できていない。企業で活躍するイメージも抽象的
この経験を活かし、貴社でも活躍をしていきたいと考えています。

〇 経験から得た強みを言語化し、企業で発揮できる場面が想定出来ている
この経験から得た、「課題解決力」を武器に、貴社においても自らを日々修正・成長しながら業務に取り組んでいきたいと考えております。

◎ 企業の特徴に合わせて、強みをアピール出来ている
これまでの経験で培った「課題解決」を活かしお客様の課題を見つけニーズに合った提案を行い日々成長しながら業務に取り組み、
貴社の発展に貢献したいと考えております。

以上の改善点を組み合わせて、ひとつの文章にまとめると、以下のような文章になります。

改善後の自己PR文

私の強みは『課題解決力』です。
私は大学4年間、野球部のマネージャーとして選手の故障改善に取り組みました。
先輩方の代はまでは地方大会や全国大会に出場するなど優秀な成績を収めていましたが、私たちの代は新人戦から結果を残すことができませんでした。
指導者が練習に参加できない日々も増え選手たりは焦りを感じ、オーバーワーク気味に練習を行い怪我人も増え、大会出場も厳しい状況に陥りました。
そこで私はこの状況を変えるべく、現状のチームの課題を見つけ怪我をしにくい体を作る事や怪我に繋がりにくい練習を行うべきだと感じました。
専門の先生に相談をしたり、自分自身で本や動画などで情報収集を行いトレーニングとケアのマニュアルの作成を行いました。
初めは半信半疑の選手も多く理解されない事もありましたが、ただ一方的に伝えるだけではなく根拠をしっかりと伝えることを意識すると選手の多くが練習に取り入れるようになりました。
その結果、4年時のインターカレッジでは怪我での欠場者を0にする事できチームの目標であった全国大会に出場する事ができました。
これまでの経験で培った「課題解決」を活かし、お客様の課題を見つけニーズに合った提案を行い日々成長しながら業務に取り組み、
貴社の発展に貢献したいと考えております。


いかがでしょうか?
より具体性が加わり、Sさんの人となりが分かる自己PRになったかと思います。
皆さんも、ぜひ「自分らしい自己PR」を作ってみてください!

マイナビアスリートキャリアでは自己PR文の作成もサポートしています。
・30分のスクールでサクッとオンライン受講
・キャリアアドバイザーと面談をしてじっくり作成(就活・転職中の方対象)
どちらも無料で利用できますので、お気軽にご相談ください!


私たちが就職転職活動をサポートします。
お気軽にご相談ください。

就活体験談/体育会学生の関連記事

その他のカテゴリの記事