アスリートの面接で必要な事前準備・面接時のマナー

面接では全体の印象はもちろん、細かい部分まで見られています。「どのような準備が必要なのか?」「好印象を与えるにはどのようにすれば良いか?」などお悩みの人は、ぜひ参考にしてください。

必勝!事前準備のチェックポイント

試合に向けて準備をしていくように、面接でも準備こそ重要。

事前準備の質が良いか悪いかで、パフォーマンスや結果にも差が出ることは、あなたが一番知っているはずです!

事前準備のチェックポイントは以下の6点。「だいじょうぶだろう」とあいまいにせず、きちんと確認しましょう。

気持ち

気持ちの迷いを整理して「面接」「勝利」に集中する!
企業HPも必ず確認しましょう!自分がそこで活躍しているイメージを強く持つことが重要です。

履歴書

  • 日付は「面接当日の日付」
  • クリアファイルまたは封筒に入れ、当日はそのまま渡す
  • 写真は必ずジャケット着用。気持ちは分かりますがジャージやユニフォーム不可(公務除く)

服装・髪型

遅くても面接日の前々日までにはチェック!
スーツ・ワイシャツ(ブラウス)・ネクタイ・ストッキング・靴・カバンなど、当日の服装や持ち物は前もって確認しましょう。

交通

乗換え案内等で事前に移動時間と経路をチェック!
面接開始時間の15分前には到着するようにし、万が一のトラブルにも対処できるゆとりを作りましょう。

練習

模擬面接での練習がオススメ!
トレーニングだと思って恥ずかしがらずにチャレンジ!

睡眠・食事

当日「寝坊した!」なんてことが無いように、しっかり睡眠をとるようにしましょう。
また、前日には勝負飯を食べて気持ちを高めると良いでしょう!

面接当日の流れ

到着時間について

15分前には会場に到着し、5分前に受付に到着しましょう。万が一面接時刻に間に合わない場合は、必ず早めに電話を入れて謝罪することがマナーです。面接官の時間をいただいていることを忘れずに。

面接会場での注意点

会場に入る前に、携帯電話の電源を切り、コートを脱いで手で持ち、会場に入りましょう。鞄は椅子におかず、地面においてください。

面接の始まり方①:自分が後から面接部屋に入る場合

必ずノックを3回して、入るときは「失礼します!」の一言を忘れずに。

ドアを閉め大きな声で挨拶と自己紹介をしてください。名刺をもらった場合は、鞄に入れず机の上に置いてください。

面接の始まり方②:面接官が後から面接部屋に入る場合

面接部屋で待機をして、面接官が部屋に入ってきたら、その場で立ち上がり、一歩後ろに下がり、自分から挨拶をしてください。

「本日はお時間頂きましてありがとうございます。●●●●と申します」というのが一般的。

面接が終わったら

「本日はお忙しいところお時間頂きましてありがとうございました。失礼致します」と挨拶し、ドアを開けてください。ドアを閉める際も一礼をし、閉めてください。

最後にマナーとは

マナーは「相互尊重」、つまり皆さんが持っている「スポーツマンシップ」の考えに似ています。

「相手に不快な思いをさせない、そしてお互いに気持ちの良い時間を過ごす」という考えのものです。マナーは「個人の意識やモラルのレベル」と認識されます。

その人の人格を表現していることになる訳ですから、当然評価対象になったり、他者との比較要素になるのです。

すなわち面接におけるマナーとは、初めてお会いする方に不快な思いをさせることなく、あなた自身を表現する大切なものなのです。

【ご登録者限定プレゼント】
面接対策に役立つ!事前準備のチェックポイント資料

事前準備のチェックポイントついては、直接相談いただいた際に詳細資料をプレゼントしています。

流れを知る
アスリートの就職活動の流れ
仕事を知る
アスリートの就職先で代表的な職種と役立つ資格
自分を知る
アスリートの就職に役立つキャリアプランシート
自己PRを作る
アスリート専用!成功する自己PRの作り方
面接対策
アスリートが覚えておくべき成功する面接対策
アスリートの面接で必要な事前準備・面接時のマナー